ビジネスのスタートアップとオンラインアシスタント

ベンチャービジネスのスタートアップにあたって重要なことは「資金力勝負にならないビジネスアイディア」「アイディアの収益化ルート」「運営資金の調達」であると私は考えますが、一人社長のITベンチャーであったり、個人事業で事業展開をする計画である場合、「初期投資コストの削減と効率化」を初期の段階で実行しておく必要があると思います。
ビジネスは立ち上げの段階で莫大なコストをかけてしまうと、それを回収するための仕事をしなくてはいけないという焦りから無理な事業計画を急ぎ足で進めてしまう場合があります。

ビジネスの種類によって「十分な加速期間」というものがあり、初期投資を回収する期間を誤って集中力を欠いてしまうのが、失敗の原因になるのです。

そこでお勧めしたいのは、オンラインアシスタントとクラウドワーカーの活用です。

ビジネスのコストの大半は人件費ですので、これをオンラインで業務代行するサービスに任せてしまって、本業に専念するのです。

以前までは、クラウドソーシングのコストも高く、スタッフを一人雇用するよりは安いという程度でしたが、ここ数年は様々な実務経験のある在宅ワーカーを時間いくらで活用できる支援サービスが出現しています。

またクラウドワーカーを斡旋するサービスの場合は作業駒単位のコストのみの使い切りです。

一人社長や個人事業主であるなら、事業規模の折り畳みが人材を雇用することで素早くできなくなり、結果赤字を出してしまう場合が多々ありますので、時間単位で在宅勤務スタッフを雇えるオンラインアシスタントサービスを使う事により、大幅なコスト削減が可能になると思います。

Tagged with:
Posted in ビジネス