バイクの思い出

私がバイクにはまりだしたのは高校の時からです。

兄がいて、バイクを乗っていてそれを見てかっこいいと思ったのが始まりです。

免許のない私はいつも兄の後ろにのせてもらい楽しい思いをさせてもらってました。

少し年月が経つと私自身免許が取れる年になってまずは限定で中型免許を取りに行きました。

そしてずっと欲しかった兄のバイクをもらいました。

すごくうれしくて毎日乗り回していました。貰ってから数年後、急にバイクが動かなくなってバイク屋へもっていきました。

もともとバイクが古いものでガタが来ていたらしくもうすぐ動かなくなるといわれました。

その後、今度はお店でバイクを購入しました。その頃には大型免許も習得していて初めての大型車。は怖かったので750㏄にしました。

新しいバイクが来たときは凄くうれしくて毎日のように乗りました。

そのバイクも社会人になるとともに乗らなくなり、ほとんど車での移動になりました。

いよいよ維持も難しくなったので、売ろうと思いましたが地元ではいいねが付かず、バイク査定比較サイトで評判の良い買取りサービスに依頼して引き取ってもらいました。

今でも高速道路で大型バイクとすれ違うたびに、「乗りたいな」という気持ちがこみ上げます。

Posted in 雑記