ランディングページってなに?

ランディングページを最適化して一つの商材を効率的に売ろうというSEOトレンドがある。
いわゆるLPO【Landing Page Optimization】で、検索エンジン向けに個別ページを最適化する事によってPV(パービューアクセス数)重視のマーケティングからコンバーション(成約率・利用率)重視のマーケティングに転換する動きがそれだ。

数年前に話題となったWEB2.0とは、ユーザーの好みや思考に合わせて的確な情報を露出する技術の事だが、この動きをもっとも大きく取り入れたのが昨今のgoogleのアルゴリズムだ。

一昔前まではホームページのトップページをとにかく表示する事に専念していた検索結果が、キーワードによってサブページや商品ページなどより具体的な階層ページを優先的に表示するように改良された。

そこで、その「商品ページ」を最適化すればよいのではないかという考えがランディングページの最適化だといえる。

この技術に特化したサービスも続々とリリースされている。

「ランディングページ活用ラボ」などがまさにそれに当たる新しいサービスで、企画から制作、内部SEOの施工までを一手に引き受ける会社だ。

今後このサービスの動向に注目したい。