下宿のスマートロック

私の地元にできた大学のおかげで、若者がかなり増えて活気づいているそうです。
地元に残っている兄夫婦も実家で下宿を募集しているのですが、3年前にわざわざ二階の下宿専用の階段と出入り口を作っていたのには驚きました。

入る人が居なくなったらどうするの?と言うと、まあ、長男(3歳)が将来地元に残るなら、一人暮らしせずとも実家に居てくれるんじゃないかと、そんな思いも込めての事だったようです。

つい先日法事で実家に寄った際に更に驚くことに、専用出入り口に電子ロックらしきものが付いていたのです。

ドアにテンキーが付いていて番号を入力して開けるようですが、兄の話では今最先端のセキュリティーである「スマートロック」というもので、WiFiでセキュリティーを制御(Remote LOCKという商品のみが対応しているらしい)するので基本的にドアに機械を取り付けるだけで動くとの事。

私はホテルのオートロック並みの工事をしたのかと思いましたが、その点ではかなりコストは安いようですね。

このスマートロックのすごいところは、ネット経由で番号を簡単に変更したり、時間制限を設けたりすることができるので、極端な話、下宿人を門限で締め出し可能なのでは?と思いました。

まあ、実際そこまではしていないようですが、家に預ける親御さんは結構安心なんじゃないだろうかと思い、兄に話してみようかなと思いました。

Posted in 不動産