不動産のインカムゲイン

不動産投資においてまずはインカムゲイン(賃貸)とキャピタルゲイン(売却)のどちらで利益を得るかですが個人的にはキャピタルゲインのほうが利益を得るには難易度が高く専門知識を求められるとおもうのでインカムゲインのほうが不動産投資においてはやりやすいかと思います。

またインカムゲインの場合は所有している物件を貸してその対価として利益を得るため不動産も自分のものですし資産としても残ります。

また老後の収入源などとしても有効的です。

そんなインカムゲインですがまずは物件を買うとこから始まりますが、収益不動産のツールで人口予測を見て、過疎地に新築を買うよりも今後の人口が増加する地域に中古物件を買ったほうがコストも抑えられて利回りも高くなります。

また人に貸すのですからできれば駅から近い利便性の高い物件のほうがいいですそして高台や周りに騒音がありそうなとこも避けたほうがいいです。

アパート経営やマンション経営などをする場合などは利回りが重要となってきますが中古の場合は不動産業者が提示している利回りは空室も想定の家賃としているので注意が必要です。

また新築の時から住んでいる入居者がもし退去した場合にそのあとの入居者からは建物の築年数が経っているわけで同じ家賃収入は見込めないのでその辺も考慮して考える必要があります

また節税対策としても不動産投資を利用する人もいます。

Posted in 不動産