家庭教師の種類

私はの兄は中央〇版・第2事業部大〇社で営業をしてまいりました。

中学受験と教育ビジネスのまさに最前線です。

兄はたまに、日本の教育ビジネスには、はなはだ疑問を感じているとぼやいていました。
個性を伸ばす時代に万人が学習塾や統一テキストでの勉強法が合うわけではなく、生徒の個性によって家庭教師という選択肢はかなり大きいという事です。

日本の教育システム上、より偏差値の高い「小学校」や、「中学校」、「高校」などに入学させるのが最善と考えられていますが、それより大切な事は、人間とふれあう事につきます。
家庭教師は教育システムの枠のなかですが、「学校の公務員教師」より「社会の多くの事」を教えてくれます。

ただ、注意点として家庭教師にも種類があり、目的に沿った先生に学ぶ必要があるという事です。

先日インターネットのコラムで”中学受験は「プロ家庭教師」なら大丈夫?”という記事を目にしましたが、今は、家庭教師と言っても一般的な予習復習を教える昔ながらのプログラムの他に「中学受験専門」の派遣会社がり、受験には受験の専門家がいるという事です。

その点をピンポイントで強弱を付けながら、お子さんの個性をつぶさないように無理のない進学を後押しするのも親の愛情ではないかと思うのです。

Posted in 学習